Q&A

データ登録の内訳を教えてください。

データ登録は、以下の項目となります。
- バス(車号、車載器)
- 路線情報
- スターフとスジ(スターフはバスが1日に走る全てのルートと時刻の情報、スジはバス1便のルートと時刻の情報)
- バス停情報

GTFS データの取り込みでデータ登録料は抑えられますか?

GTFSデータをバス予報の初期データとして取り込むことが出来ますが、データ登録料の半分の価格で対応しています。

インバウンド対応は可能ですか?

可能です。各種言語に対応しています。
各国語言語対応は基本料金に含まれます。現在以下の言語に対応していますが、バス亭や路線名などの言語データの提供はお願いします。
- 英語
- 中国語(簡体語、繁体語)
- 韓国語

20台のバスに搭載したいのですが、最短どれくらいの期間で対応可能ですか?

路線数、ダイヤ数などの登録データによりますが、実績ベースでは最短1.5ヶ月でサービス開始可能です。ただし、弊社側の状況にもよります。

音声合成装置や車載器との連動は可能ですか?

可能ですが、音声合成装置メーカーとの機器連携が必要なので、システム導入費用が割高になります。
バス予報ではバス車両が1日を走る電子スターフを出庫時に読み込むだけなので、運転手様のオペレーションの負荷をかけない仕組みにしています。

スマートフォン以外の位置情報機器はありますか?

あります。専用の車載器とスマートフォン + アプリの位置情報機器を揃えています。
価格はスマートフォン + アプリの方が専用車載器の半額以下となります。
詳しくはお問い合わせください。

スマートフォンを利用した位置情報機器とのことですが熱対策は大丈夫ですか?

スリープモードで動作する仕組みにしていますので、熱は持ちにくいです。
※直射日光が差す場所での常時配置とは異なります。

スマートフォンを利用した位置情報機器は運転手の操作が大変なようですが。

基本的に電源を入れるだけで、設定を間違っていたとしても運行管理者がリモートで設定出来るようにしています。その他の機能としても事業者様ごとに前日の設定を維持する機能などの管理側での対応が可能です。

営業所単位で導入は可能ですか?

はい。可能です。
会社単位でなく、営業所単位、路線単位での導入が可能です。

実証実験は有償ですか?

予算があるお客様に関しては有償でお願いしますが、バス予報の機能を使って見たい、バスロケーションシステムを導入したいけど、今は予算が無いというお客様には無償で実証実験をおこなう場合があります。
※機材の在庫や弊社の稼働状況にもよるので応相談