Q&A

『バス予報』を導入する場合、どのような情報を提供すれば良いですか?

データ登録は、以下の項目となります。
- 車両情報
- 路線・系統情報
- スターフとスジ(スターフはバスが1日に走る全てのルートと時刻の情報、スジはバス1便のルートと時刻の情報)
- 停留所の位置情報

GTFSのデータがあるのですが、データとしてGTFSを提供しても良いですか?

GTFSでのご提供は大歓迎です。
GTFSでデータをご提供頂いた場合は、データ登録料が半額となります。

多言語での対応は可能ですか?

可能です。
各国語表記機能は基本料金に含まれますが、バス停や路線名など、各言語データのご用意はお客様でお願いします。尚、現在以下の言語に対応しています。

- 英語
- 中国語(簡体語、繁体語)
- 韓国語

20台のバスに導入したいのですが、最短どれくらいの期間で対応可能ですか?

最短で約1.5ヶ月です。時期が決まっている場合は念のためお早めにご相談ください。

音声合成装置などの車載器との連動は可能ですか?

音声合成装置との連携機能の開発が必要なため、別途お見積りが必要となります。

スマートフォン以外の位置情報機器はありますか?

あります。専用の車載器とスマートフォン + アプリの位置情報機器を揃えています。
価格はスマートフォン + アプリの方がお安くなります。
詳しくはお問い合わせください。

夏など車内はかなり熱くなることがあるのですが、スマートフォンにはどのような熱対策をしていますか?

アーティサンが開発した省電力モードでも稼働するアプリにより位置情報を取得することで、
熱対策を行っています。また、オプションで放熱が出来る設置機器もございます。

スマートフォンを利用した位置情報機器は運転手の操作が大変なようですが。

運行管理画面から運行情報(スターフ)の指定を行えば、運転手の方にはスマートフォンを渡すだけで他は一切の操作が不要といった運用が可能です。
運行管理画面からの運行情報の指定は、数か月先の運行情報まで指定することが可能です。

営業所単位での導入は可能ですか?

はい。可能です。
事業者様単位でなく、営業所単位、路線単位での導入も可能です。

実証実験は有償ですか?

基本的に有償となりますが、本格導入の前に利用者の反応を確認したい場合など、ご要望がございましたら是非お気軽にお問い合わせください。