ニュース

Q&A

秋北バス株式会社様にて「高速バス 大館・鹿角 ~ 盛岡線(みちのく号)」の実証実験を開始いたしました。

お知らせ

国際東北グループの秋北バス株式会社様が運行する「高速バス 大館・鹿角 ~ 盛岡線(みちのく号)」にて実証実験を開始いたします。
以下、秋北バス株式会社様のニュースリリースです。
詳細については、以下をご確認ください。
 http://shuhokubus.sblo.jp/article/183224856.html 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高速バス 大館・鹿角 ~ 盛岡線(みちのく号)
次世代型バスロケの実証実験開始について国際東北グループの秋北バス株式会社(本社:大館市 代表取締役社長:小畑保彦)は、秋田県大館市~岩手県盛岡市を結ぶ都市間高速バス『みちのく号』に簡易型バスロケーションシステムである「バス予報」を導入し、5月15日より実証実験を開始しますのでお知らせいたします。従来型のバスロケーションシステムは各バス停に電光表示機器を設置するなど高額な初期投資が必要となるため、主に大都市・中堅都市において普及しつつあります。一方、今回導入する「バス予報」はアーティサン株式会社(本社:東京都調布市 代表取締役:小山才喜)が開発した次世代の簡易型バスロケーションシステムで、バス位置情報をWeb上で提供することにより、バス利用者がスマートフォン等でバスの運行状況や到着予定時刻を確認することができるシステムです。従来型のバスロケーションに比較してシステム導入費用を大幅に圧縮することが可能であるため、大都市・中堅都市以外でも導入が期待されています。国際東北グループでは既に、十和田観光電鉄が運行する三沢・十和田間の一般路線、岩手県交通が運行する釜石地区の一般路線で「バス予報」の運用を開始しておりますが、今回、新たに都市間の高速バスを対象にして実証実験を開始するものです。実際の利用方法は、 https://shuhoku-kousoku.busyohou.jp にアクセスし、最寄バス停若しくは利用予定のバス停を選択することにより、路線情報やバスの位置情報が表示される仕組みとなっています。また、一度アクセスして「お気に入り」に登録すれば、次回以降、直ちにアクセスすることができて便利です。なお、今回は8月31日までの実証実験とし、山間部での機器の稼働状況やお客様の利用実績、実際の使い勝手等を踏まえた上で、その後の本格導入の可否を判断して行く予定です。「バス予報」の対応便は下記のとおりで、バスの現在位置情報が表示されるのは秋北バス運行便のみとなりますのでご注意ください。
…………………………………………………………………………………………
注)国際東北グループ=国際東北株式会社(本社:岩手県盛岡市 代表取締役:本田一彦)を中心に岩手県交通、十和田観光電鉄、秋北バスの3社で構成される公共交通・観光事業を運営する企業グループです。
 
本リリースに関するお問い合わせ先:
秋北バス株式会社 事業管理部 自動車課
八 代 和 生 (やしろ かずみ)
TEL 0186-42-3536  FAX 0186-49-2999
秋田県大館市御成町1-11-25 広 報 担 当
村 木  達 (むらき とおる)
TEL 0186-42-3535  FAX 0186-49-2999
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
本件に関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。
アーティサン株式会社 特殊開発部 バス予報開発班
担当:山本、松尾
TEL 042-444-4815